地域で『自分らしく暮らしたい』を応援します。
グループホームは身近な地域の中で生活するための共同住宅です。
入居者の方が自分の暮らしを自分で決めます。
得意なことも苦手なことも、ありのままが出せる場所です。そのために必要な援助が受けられます。

グループホーム事業の目的

利用者が地域において共同して自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者の身体及び精神の状況並びにその置かれている環境に応じて共同生活住居において排泄及び食事等の介護、相談その他の日常生活上の支援を適切かつ効率的に行うことを目的としています。

グループホーム・ケアホーム一覧

グループホーム・ケアホームのタイプ

■通い型のホーム
世話人が、朝と夕方に訪問します。日常生活の援助(食事の用意やお金の管理など)が受けられます。グループホームと呼んでいます。
■生活支援や身体介護中心のケアホーム
世話人の他に生活支援員と夜間支援員で支援します。食事や入浴、排泄、就寝準備などの介護サービスを提供します。
■安全確保と相談支援に重点を置いたケアホーム
世話人の他に生活支援員と宿直を配置。事務所を併設しており、身辺の安全保持や危険対応が必要な方への介護や見守りサービスを提供します。

主なサービスの内容

■食事の提供
■金銭管理の援助
■掃除、洗濯、買い物など身の回りの必要な支援
■食事、入浴、トイレなどの介護
■健康管理支援(通院や服薬の管理など)
■相談支援(生活していく中でおこる様々な悩みやトラブルの相談)
■就労支援(日中活動事業所や勤務先との連絡調整など)
■余暇活動支援(地域で行なわれる行事への参加や趣味活動の支援など)
■福祉サービス利用の手続きや個別支援計画(ケアプラン)の作成
■利用者負担の上限管理や重要書類のお預かり

ホーム利用料金

■介護サービス費は障害程度区分で決まっています。原則は1割負担ですが、収入に応じて利用者負担の限度額が決まります(非課税の方は無料)。
■市県民税非課税の方は特定障害者特別給付費の認定を受けると1人当たり月額1万円を上限として家賃補助が支給されます。

家賃(居室料)
7,400~22,000円/月(家賃10,000円まで助成制度あり)
備品使用料 1,500円/月(共用の電化製品や家具の使用料)
850円/月(居室のエアコン使用料)
食費(食材費) 33.000円/30日(朝300円、昼300円、夕400円、消耗品100円)
共益費(光熱費) 10,000~15,000円/月
預り金管理料 1,000円/月(預貯金の管理をして出納内容を年2回報告)
合  計 6万円弱/月
上記の以外に実費が必要な物(個人で使用する日用品、保健衛生品、教養娯楽費や医療費など)

概要

■所在地/〒856-0841長崎県大村市陰平町57-1
 大村地域生活支援センター(キッチンあい彩館の隣)
 岩松駅から諫早方面へ500m(徒歩6分)
■電話番号/0957-46-6581
■FAX番号/0957-46-6605
■開設日/平成元年4月1日(グループホーム制度)
     平成24年10月1日 共同生活援助(介護サービス包括型)

     長崎県指定 4220500054号)

 

障害者自立支援法に基づく指定基準で、現在18ホームを設置・運営しています。

地図

ギャラリー


就労支援

鈴田の里学園
ワークショップみらい
キッチンあい彩館
ジョブサポートいきいき
いきいき農園

生活介護

さつき園
きぼうの里
デイサービスわくわく

児童発達支援

デイサービスふわり
児童発達支援ふわり本町
ふわり本町プリスクール
児童発達支援センターふわり久原
ふわり諌早

在宅支援

大村地域生活支援センター
居宅生活支援センタースマイル
地域生活支援センタースマイル

アクセスカウンター